社会人が英語の勉強をやり直し

【最短】社会人の英語学習やり直し方法!圧倒的な効果のある学習手順

社会人が英語の勉強をやり直し
✔︎社会人が英語やり直しをする際の手順
✔︎社会人の英語勉強法とコツ
近年、社会人になって改めて英語が必要になったり、自分のキャリアアップのために英語を学び直そうとする人が増えてきています。
ただ、やり直すといっても、一体何から勉強を始めたらいいのかわからない人が多いのではないでしょうか。
そこで、今回は忙しい社会人が効率よく「英語のやり直し」を行うことができる方法をお伝えしていきます。
やり直しのノウハウをここで学び、昇進・昇格・旅行・国際交流など、日々を充実させるためのスタートラインに立ちましょう。

社会人が英語をやり直しする際の手順

社会人の方がこれから英語をやり直す際の勉強手順は、次の通りです。

<社会人の英語やり直し手順>
①英文法
②スピーキング&リスニング
③英会話

①やり直しは【英文法】から!

英文法は英語の土台となるルールです。

これを知らずしてリスニング、リーディング、スピーキングはできません。

✔︎英文法から学ぶべき理由
すべての基礎・土台であるから

文法的な構造がわかれば、文章が読めるようになります。

文の組み立て方がわかれば、英会話ができるようになります。

文法の土台があるかないかで、将来的な英語の伸びが決まります。

このように、文法を理解しておくことで、圧倒的に効率よく英語を伸ばすことが可能になるのです。

反対に、英文法の知識がない人は確実にどこかで行き詰まってしまいます。

なので、まずはすべての英語スキルの基礎となる英文法から学ぶようにしましょう。

②文法の次は【スピーキング&リスニング】

文法を学んだら、次はスピーキングとリスニングを並行して行いましょう。

スピーキングは文章を自分で組み立てる必要があるので、受け身のリーディングより文法の使い方を定着させることができます。

また、日本人が最も苦手とするスピーキングに早い段階から取り組んでおくことで、英語が話せるようになるまでの時間を短縮できます。

一方、リスニングは相手の言っていることを理解するために必須のスキルとなります。

正しい発音や新たな言い回しも学ぶことができるので、スピーキングの質を磨くとともに、表現の幅を広げることができます。

英文法で英語のルールを学んだら、「話す・聞く」といった会話をするためのスキルを身につけていきましょう。

③最後に【英会話】

スピーキングとリスニングの学習に入ったら、英会話の練習も行いましょう。

実際に相手の人と英語で会話をしなければならないので、英会話にはスピーキングとリスニングの両スキルが必要になります。

また、相手との会話を通して、英語でのコミュニケーションの仕方も学べます。

この英会話の練習をどれだけ行えるかで、英語がどれだけ使えるようになるのかが決まります。

今までの勉強の集大成の部分になりますが、英語を使えるものにするためにも英会話の練習は積極的に行いましょう。

社会人の英語やり直し
【必要なもの一式】

続いて、英語学習を1からやり直す際に最低限必要となるものを紹介します。

<英語やり直しに必要なもの>
✔︎英語のテキスト(教材)
✔︎英語の話されている動画
✔︎2,200時間の勉強時間

必要なもの①
「英語のテキスト(教材)」

英語のやり直しにはテキストによる学習は欠かせません。

時間を確保して、じっくり勉強できる場合はテキストを使いましょう。

ここでは、教材の選び方や各スキル習得におすすめのテキストをご紹介します。

単語用

単語本を選ぶときのポイントは次の通りです。

<チェックポイント>
✔︎例文やフレーズの掲載があるか
✔︎音声付属か(CDやダウンロード)
✔︎自分のレベルに合っているか
単語は音声を聞いて正しい発音を一緒に身につけることが大事です。
また、単語は例文で使い方を把握することで、その単語の役割をイメージしやすくなります。
1. 例文あり
2, 音声付属
3. 自分のレベルに最適
この3つの条件を満たした単語帳を選ぶようにしましょう。

\キクタン中学英単語はこちら/

✔︎リズムに乗って英単語を覚える教材
✔︎1日16語、8週間で896語を完全制覇
✔︎「耳」と「目」をフル活用して覚える
✔︎「CD/音声」「例文/フレーズ」あり

\毎日の英単語はこちら/

✔︎ベストセラー「毎日の英文法」の第二弾
✔︎ネイティブが使う高頻度の単語だけを厳選
✔︎この1冊で、全日常会話の90%の単語をカバー
✔︎音声ダウンロード、例文/フレーズあり

 

文法用

文法テキストを選ぶときのポイントは次の通りです。

<チェックポイント>
✔︎解説が理解しやすいか
✔︎演習問題があるか
✔︎イラストがあるか
文法を学習する際には、解説がわかりやすいことは前提で、演習問題もあるテキストを使った方がいいです。
テキストを読んだだけでは、内容を理解できたと思い込んでしまうこともあります。
なので、演習問題を解いて本当に理解できているのかを確認するアプローチは欠かせません。
また、イラストがあった方が記憶の定着には効果的なので、できればイラストの掲載があるテキストを選ぶのがいいでしょう。
\総合英語Forest 7th Editionはこちら/
✔︎英文法の総合参考書
✔︎イラストが多く文法を視覚的に理解できる
✔︎英文法のルールが事細かく記載されている

\毎日の英文法はこちら/

✔︎話すために必要な英文法の基礎を網羅
✔︎ネイティブ目線で作られた文法書
✔︎音声を使ったトレーニングが可能

\一億人の英文法はこちら/

✔︎「話せる英語」を最速で達成するための英文法
✔︎ネイティブの英文法感覚を習得できる
✔︎豊富なイラストとコラムでわかりやすい

 

スピーキング用

スピーキング用テキストを選ぶときのポイントは次の通りです。

✔︎「日本語⇄英語」変換をしないか
英語を話す際に、頭の中で日本語を英語に直していては、会話がテンポよくできません。
会話をするには、日本語を介さずに英語を瞬時に話せるようになる必要があります。
なので、スピーキング用のテキストは「英語で考えて英語で話せるようになる」スキルが身につくものを選びましょう。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

\瞬間英作文トレーニングはこちら/

>> Amazonで詳しくみる

✔︎一瞬で英作文ができる脳を作るテキスト
✔︎中学レベルの基礎英語を網羅
✔︎反射的に英語が口から出るようになる

リスニング用

リスニング用テキストを選ぶときのポイントは次の通りです。

✔︎ネイティブの発音が学べるか
✔︎音声変換の解説があるか
リスニングができるようになるためには、正しい発音を知っておく必要があります。
また、英語は文章になったときに、各単語に音声変化も起こります。
音声変化とは?
音が省略されたり、違う音に変わること
Good bye.:グッド バイ→グッバイ
これらがわからないと英語を聞き取ることができないので、「発音・音声変化」を網羅したテキストを選ぶようにしましょう。
\英語耳はこちら/
✔︎ネイティブの発音が身につく
✔︎音声変化についての解説がある
✔︎字幕なしで洋画を見られるようになる

必要なもの②
「英語の話されている動画」

英語学習のやり直しには、ネイティブの英語が聞ける動画も用意しておいた方がいいです。

<英語学習に動画を使うメリット>
✔︎普段使いのイメージが掴める
✔︎印象に残りやすく記憶に効果的
✔︎楽しく英語を学べる

動画はテキストと違って視覚的にわかるので、「このシーンではこういった英語を使うのか」と、リアルな使い方をイメージしやすくなります。

動画はYoutubeなどでも見れますが、おすすめはNetflix(ネットフリックス)です。

Netflixは数ある動画配信サービスの中でも「海外ドラマ/洋画」の作品数がNo,1なので、多くの英語に触れられます。

また、字幕のON・OFFが可能なことに加え、言語の切り替えで日本語表記にすることもできるので、英語学習にはかなり使えます。

これから楽しく英語を学んでいくためにも、テキストだけでなく動画も見られるようにしておきましょう。

必要なもの③
「2,200時間の勉強時間」

英語やり直しに必要なものとして、「時間」もかかることを知っておいた方がいいでしょう。

日本人が英語の知識ゼロの状態から英語を話せるようになるまでには、最低でも2,200時間必要と言われています。

社会人は英語が話せるようになるまでに、どのくらいの時間が必要なのか知りたい人はこちらの記事をご覧ください。

関連記事

✔︎社会人からでも英語は話せるようになる?✔︎どのくらいの勉強で英語が話せるようになる?✔︎英語を話したい社会人がやるべき勉強法社会人になってから英語を話せるようになりたいと思う人は多く[…]

英語を話せるようになりたい社会人向け勉強法

英語をこれから学び直して、使えるようになるまでの道のりは決して楽ではありません。

簡単に英語が習得できると思っていると途中で挫折してしまうこともあるので、まずは時間がかかるということを認識しておきましょう。

社会人の英語やり直し
【勉強法&コツ】

社会人が英語の勉強をやり直す際のコツを紹介します。

✔︎「英文法」勉強法のコツ
✔︎「リスニング」勉強法のコツ
✔︎「スピーキング」勉強法のコツ

「英文法」勉強法のコツ

文法書は辞書の役割として使用した方がいいです。

最初から解説を読むのではなく、演習問題を解いて理解が十分でなかった箇所について知識を深めていくやり方が効率的です。

また、テキストを2、3周は繰り返し勉強し、頭の中に叩き込むようにしましょう。

1周して終わると理解した気になってしまうので、最低でも2周は勉強して、そのテキストの習得漏れがないか確認するのをおすすめします。

「リスニング」勉強法のコツ

リスニングは、英語のまま意味を理解できるようにならないと、聞き取れるようにはなりません。

例えば、次の英語を見てみてください。

“Apple”
“I’m Japanese.”

これらはパッと見ただけで、まるで日本語かのようにすぐに意味がわかりませんか?

おそらく、頭の中でわざわざ日本語に訳そうとはしなかったのではないでしょうか。

これが「日本語を介さず、英語のまま意味を理解する」ということなのです。

つまり、リスニングができるようになるためには、このような「英語のまま理解できる英文」をたくさん増やしていく必要があります。

そのためにも、まずは頭の中での日本語変換がなくなるまで簡単な英文を繰り返し聞き続けることから始めましょう。

そうやって、英語のまま理解できるフレーズを蓄積していくことで、リスニングで聞き取れる文量も増えていきます。

ここでは、どれだけ多くの量の英語を聞けるかが大事になってきます。

家にいる時はBGMとして英語を垂れ流しにしておくなど、英語に触れる時間を多く確保するように工夫してみましょう。

「スピーキング」勉強法のコツ

英語で会話ができるようにするためには、次の2つのスキルを身につける必要があります。

✔︎瞬間的に英作文をするスキル
✔︎正しい発音をするスキル
これらができて初めて、「テンポよく、相手に自分の意見を正しく伝える」ことができるようになります。
なので、スピーキング学習は「瞬時に英語を口に出す練習」と「正しい発音の発声練習」を行うのがコツです。
瞬時に英語を口に出す練習としては、まずは「独り言」から始めましょう。
自分が思ったことや、目に入った物の説明など、なんでもいいので数多くの独り言で瞬時に英作文をするスキルを身につけていきます。
独り言からさらに英語表現を磨いていく方法など、スピーキングの詳しい勉強法については、以下の記事で解説しているので見てみてください。
関連記事

✔︎英語が話せない、悔しい思いをする理由✔︎話せるようになるための正しい学習法英語を話したいのに口から出てこないと、とても悔しいですよね。この記事では、そんな悔しい思いをしている人が、英語[…]

英語が話せない!悔しい時の学習法
正しい発音の発声練習は、教材で学んでもいいですが、人から学ぶのが一番効果的です。
その際におすすめなサービスが「オンライン英会話」です。
オンライン英会話は、ネット環境さえあればどこでも海外の講師と話すことができるサービスになります。
教材とは違い、実際にこちらの口の使い方をみて、正しい発音をするためにはどう口を動かしたらいいのか教えてくれます。
短期間で発音を上達させたいなら絶対に利用した方がいいサービスです。
オンライン英会話は無料体験も行っているので、一度体験してみてからサービスを利用するか決めることができます。
関連記事

✔︎社会人におすすめオンライン英会話スクール✔︎14社から厳選したランキングTop5オンライン英会話を始めようと情報収集を始めると、似たようなサービスがたくさんあり、どのサービスを使えばよいのか分からない[…]

社会人向けオンライン英会話ランキング

【最新】最短で英語力をつけるコツ

最短で英語力をつけるコツは、「インプットだけでなくアウトプットをする」ことです。

インプットよりアウトプットの方が多い

インプット<アウトプット」

の関係が望ましいです。

英語はスポーツと同じで、受け身で学んで使えるようにはなりません。

例えば、バットの振り方の知識だけを学んで野球の試合に臨んでも、本番で思ったようにバットを振ることは難しいですよね。

知識をつけた上で素振りの練習(バットを使う練習)をして、初めて本番でも練習のようにバットを振ることができます。

それと同じで、英語も自分で使ったことのない単語や文法は、いざというときに使うことは絶対にできません。

なので、徹底的にアウトプットをして、いかに多くの単語・文法を使用経験があるものに変えられるかが、最短で英語力をつけるコツとしては大事になります。

英語学習では、インプットをしたらその倍以上にアウトプットをすることを心がけましょう。

また、アウトプットをする場としては、前章でも紹介したオンライン英会話が効果的です。

一人での学習では一方的なアウトプットで終わってしまいますが、オンライン英会話なら講師から改善点などのアドバイスをもらえるので、圧倒的に効率よく英語力を伸ばしていくことができます。

周りに英語を教えてもらえる人がいない場合は、ぜひオンライン英会話を活用してみてください。

まとめ

社会人がこれから英語をやり直す際の手順や必要なもの、勉強法や最短で英語力をつけるコツなどを紹介してきました。

英語をやり直したいと思っている人は、ぜひ今回の内容を参考にしてみてください。

また、英語学習において一番大事なのは、これから勉強していく「基礎」の部分であるということを必ず覚えておきましょう。

この基礎がしっかりとできていないと、その後のステップでも必ず行き詰まってしまいます。

なので、まずは時間がかかってもいいので、確実に理解していくようにしてください。

この記事を読んでいる方々は英語を自分のものにして、見える世界を広げていきましょう。

関連記事

✔︎英語が話せない、悔しい思いをする理由✔︎話せるようになるための正しい学習法英語を話したいのに口から出てこないと、とても悔しいですよね。この記事では、そんな悔しい思いをしている人が、英語[…]

英語が話せない!悔しい時の学習法
関連記事

オンライン英会話は安いし興味はあるけど、講師の質はどうなんだろう?オンライン英会話を始めようとする人の中には、このような不安を抱く人もいると思います。そこで今回は、各オンライン英会話スクールの講師の特徴から、講師の質を比較し[…]

オンライン英会話を講師で比較
>オンライン英会話サービス「レアジョブ英会話」

オンライン英会話サービス「レアジョブ英会話」

「レアジョブ英会話」は、顧客満足度No.1!なんと99.4%が「始めてよかった」と回答。マンツーマンレッスンが142円(税込)から受講可能。今なら無料体験レッスン+初月半額キャンペーン実施中!一度無料でお試しレッスンをしてみてください!

CTR IMG