アメリカ朝食ワッフル

アメリカ人は朝食にワッフルを食べる?ドラマや洋画でみる光景の真相!

アメリカ朝食ワッフル
✔︎アメリカ人は朝食にワッフルを食べる?
✔︎ワッフルは自分で作っている?

海外ドラマや映画でよくアメリカ人が朝食にワッフルを食べる光景を目にしませんか?

朝からワッフルなんておしゃれで惹かれる人も多いと思います。

でも、アメリカ人は実生活でも本当に朝からワッフルを食べているのでしょうか?

また、作るのに手間がかかるワッフルを生地から作っているのでしょうか?

今回はアメリカホームステイ時の体験を元にその真相に迫ります。

アメリカ人は朝食にワッフルを食べるのか?

アメリカ人は朝食にワッフルを食べます。

ワッフルはアメリカでは大人気の朝食メニューです。

ただ、毎朝必ずワッフルを食べるという訳ではないので、そこは誤解しないようにしてください。

アメリカ人の朝食といえば、ワッフルの他にもパンケーキやシリアル、卵にベーコンなどが定番です。

実際にアメリカでホームステイした時の朝食は、次のような感じでした。

<平日の朝食>
シリアル、ワッフル、パンケーキ
<休日の朝食>
ソーセージ、ベーコンエッグ料理
卵やベーコンを使った料理は休日に出されることが多い印象で、平日はとにかく簡素に済ませる感じでした。
とはいえ、ワッフルもかなりの頻度で食べていたので、アメリカ人は朝食にワッフルをよく食べるのは確かです。

ワッフルは自分で作っている?

アメリカ人が朝食に食べるワッフルは冷凍のものがほとんどです。

ワッフルを作ったことがある人は「あの手間のかかるワッフルを朝から作るの?」と思ったかもしれません。

しかし、ワッフルは冷凍のすでに焼いてあるものをトースターで温めてから食べる家庭が多いです。

温めたらシロップやバターをかけて食べるだけなので、手間がかかりません。

朝から手の込んだ料理をあまりしないのは、どこの国でも同じかもしれません。

ワッフルメーカーで簡単に作れる

アメリカの家庭にはワッフルを作るためのワッフルメーカーがあります。

「焼きたてのワッフルを食べたいけど、手作りするのが大変…」

という人も、このワッフルメーカーを使えば簡単にアメリカンワッフルを作れます。

<クレイジナート/ワッフルメーカー[WMR-CA]>

クイジナート ワッフルメーカー 4枚焼 丸型 BPAフリー Cuisinart Waffle Maker WMR-CA 家電

<クレイジナート/ワッフルメーカー[WAF-200]>

Cuisinart クイジナート WAF-200 4枚 ワッフルメーカー サンドメーカー 

 Cuisinart (クイジナート) はアメリカで人気のあるワッフルメーカーブランドです。

市販の粉を使って焼くだけで簡単においしい焼きたてアメリカンワッフルが食べられます。

本当にあっという間に出来てしまうので、忙しい朝にも最適です。

もちろん、手土産などにも大活躍します。

ワッフルを気軽に食べたいという人は一台持っておくといいでしょう。

まとめ

アメリカ朝食ワッフル

アメリカでは朝食にワッフルを食べます。

中には朝から自分でワッフルを作っている家庭もありますが、ほとんどが冷凍のものというのが実態です。

日本にいながら欧米の朝食を真似してみたい人は、冷凍のワッフルを買って朝食に食べてみるといいと思います。

本場のアメリカンワッフルを焼きたての状態で味わってみたい人は、ワッフルメーカーでワッフルを作るのがおすすめです。

和食文化のある日本人からすると高カロリーな朝食は健康にいいとは言えませんが、たまにワッフルを食べるのはいいでしょう。

今後アメリカに行く予定のある人は、日本にいる内から朝食を真似して、体を慣らしておくのも賢いかもしれません。

関連記事

✔︎日本とアメリカのマクドナルドの違いは?✔︎英語での注文方法は?今回はアメリカのマクドナルドでの注文方法について紹介します。英語での注文もスムーズにできるようにしておきましょう。アメリカのマ[…]

>オンライン英会話サービス「レアジョブ英会話」

オンライン英会話サービス「レアジョブ英会話」

「レアジョブ英会話」は、顧客満足度No.1!なんと99.4%が「始めてよかった」と回答。マンツーマンレッスンが142円(税込)から受講可能。今なら無料体験レッスン+初月半額キャンペーン実施中!一度無料でお試しレッスンをしてみてください!

CTR IMG