海外ニュースサイトでの英語勉強法

海外ニュースサイトを活用した英語の勉強法とコツ【初心者必見】

海外ニュースサイトでの英語勉強法
✔︎英語ニュースサイトを読み始めた人!
✔︎ニュースサイトで効率よく勉強したい人!
海外ニュースサイトを利用した英語の勉強法についてご紹介します。
ニュースサイトといえば、記事を読んでリーディング力が身につくと思っている人が多いですが、実は他にもいろんな活用法があります。
今回紹介する勉強法を使って、英語ニュースを楽しみながら英語力をアップさせましょう。

海外ニュースサイトでの英語勉強法

英語ニュースサイトを使った【速読】

ニュースサイトは英語を読むことになるので、「リーディングスキル」を上達させることができます。

多くの英文を読めばその分だけ語彙力が増し、徐々に読むスピードも速くなっていきます。

ただ1点、知っておいたほうがいい速読のコツがあります。

それは、「分からない箇所があっても一通り最後まで読みきる」ことです。

一通り読むことで、前後の文章の流れから分からない単語を推測する力がつきます。

この推測する力は今後の英語学習においてもかなり大事になりますし、すぐ調べるよりも推測した後に答えあわせをしたほうが記憶に残ります。

途中で分からない単語が出てくると直ぐに調べたくなりますが、そこは一度我慢しましょう。

また、一先ず最後まで読むことで、どれだけ内容を理解できるのか「今の自分のレベル」を知れるので、日々成長を実感できます。

記事を読む際は、「どれだけ内容を理解できるか」腕試しのつもりで毎回臨むようにしましょう。

英語ニュースサイトを使った【音読】

声を出せる環境であれば、ニュースサイトの英文を使って音読の練習ができます。

英語が話せるようになりたいのであれば、自ら英語を口に出して話す練習は必須です。

スピーキングの上達は、いかに多くの英単語(英文)を自分で口にしたことのある言葉に変えられるかがカギとなります。

音読は、次に示す3段階で行うのがコツです。

<音読のやり方>
1. フレーズごとに音読
2. 一文ごとに音読
3. 英文にして音読

※前提として、記事の内容は事前にしっかり理解しておきましょう。
(内容がわからない英文を読んでも英語力の向上は望めません)

(例文)
I enjoyed shopping after going to a cafe with my friends today.
例文を使って3段階の音読のやり方を紹介します。
まず、「I enjoyed shopping」「after going to a cafe」「with my friends」「 today」と各フレーズごとに区切って音読します。
次に、さらにフレーズをつなげて「I enjoyed shopping after going to a cafe」「with my friends today」と一文にして音読します。
そして最後に、文を全てつなげて一通り読みます。
このように3段階で音読を繰り返すことで、英語の語順で考える習慣が身についていきます。
英語の語順は「① I enjoyed shopping(ショッピングを楽しんだ)」「② after going to a cafe(カフェに行った後)」「③ with my friends(友達と)」「④ today(今日)」ですが、
日本語の語順は反対の④→③→②→①(今日友達とカフェに行った後ショッピングを楽しんだ)となるので話す順序が全く異なります。
英語を話せるようになるためには、まずこの英語の語順に慣れていく必要があります。
少なくとも頭の中で「日本語⇆英語」変換をしていてはスムーズに会話ができません。
なので、何度も英語の語順を意識して繰り返し声に出す「音読」によって、英語の話し方(構造)を体に覚えさせていくことが大事になるのです。
「英語を話せる!」ための最短ルートを行くためにも、発話する際は3段階の音読で語順を意識して英語に慣れていきましょう。

英語ニュースサイトを使った【要約】

1つのニュース記事を読み終えたら、内容を自分で整理して要約するのも英語力UPに効果的です。

特にニュース記事は1記事あたりの内容が比較的少なく短文なので、他のどの文章よりも要約がしやすいです。

記事で使われていた言葉で要約してみてもいいですし、あえて記事にはなかった言葉を使って文章をまとめるのも、ボキャブラリーを増やすのに役立ちます。

要約して書き出すのは大変という人は、読み終えたら頭の中で「この記事が伝えたかったこと」を考えるだけでもいいです。

自分で英作文をするところに意味があるので、時間に余裕のある人はニュース記事を利用した要約にチャレンジしてみましょう。

英語ニュースサイトを使った【英単語の覚え方】

分からない単語は「単語と意味」を書き出すのではなく、ニュースサイトで使われている英文とセットで「意味・使い方」を覚えましょう。

【NG】
→ remove 取り除く
ただ「remove 取り除く」と覚えるのではなく、次のようにサイトの例文とセットで書き出して覚えるのがいいです。
【OK】
→ McDonald’s removes popular items from menu.
「remove 取り除く」
単語単体で意味を暗記するより、ニュースサイトで使われた英文とセットで覚えた方が見直した際に
「あの時のこの英文がわからなかったんだ!」
記憶に残りやすいですし、単語の使い方(文法)も一緒に身につけられるので一石二鳥です。
単語帳で暗記をするわけではないので、せっかくならニュースサイトという面白い記事を活かした単語の覚え方をしてみましょう。

無理なく続けられる方法を選択!

ここまで、ニュースサイトを利用した「速読、音読、要約、単語学習」のやり方を紹介しました。

普段何も考えずにただ記事を読んでいるという人は、ぜひこの中から1つでも自分ができそうなものを実践してみてください。

その際の勉強のコツとしては、「無理なく楽しく行う」ことです。

英語学習は何よりも「継続」が大事なので、毎日でも続けられるような自分に合った学習スタイルを探してみてください。

特にニュースサイトは自分の興味のある記事を読めるので、英語学習としては続けやすいと思います。

隙間時間などを活用して、出来るだけ多くの時間英語に触れられるようにしましょう。

>オンライン英会話サービス「レアジョブ英会話」

オンライン英会話サービス「レアジョブ英会話」

「レアジョブ英会話」は、顧客満足度No.1!なんと99.4%が「始めてよかった」と回答。マンツーマンレッスンが142円(税込)から受講可能。今なら無料体験レッスン+初月半額キャンペーン実施中!一度無料でお試しレッスンをしてみてください!

CTR IMG