ホームステイは太る

ホームステイ留学が太る理由!海外でも可能な太らないための対策!

ホームステイは太る
✔︎ホームステイ留学で太るのは本当?
✔︎ホームステイ留学で太る原因
✔︎太らないためにできる対策

ホームステイで心配なことの1つに「食生活」がよく挙げられます。

特に海外で過ごすとなると、今よりも太るのではないかという疑問の声も多く聞きます。

そこで今回は、ホームステイ留学では本当に太るのか、太る原因や太らないためにできる対策をご紹介します。

ホームステイ留学で太るのは本当?

ホームステイ留学で太るのは本当です。

実際にアメリカとカナダのホームステイでは、どちらも太りました。

ただ、例外としてホームステイ先が健康を意識したオーガニック食品中心で太らなかったという声もあります。

オーガニックなら食事で太る心配はないかもしれませんが、こういった家庭に当たる確率はごくわずかです。

大抵の家庭では自分で意識しないと「太る」と思っておいた方がいいです。

これからその太る原因や留学中にできる対策などを紹介します。

ホームステイ留学で太る原因

ホストファミリーの食事

まず太る原因として一番大きいのが「食事」です。

健康的な和食のある日本とは違い、海外では「量と油」が多めな食事が普通です。

<<海外の食事の特徴>>
✔︎量が多い
✔︎カロリーが高い
✔︎野菜が少なめ
まさに、太る要素が満載です。
ザ・アメリカンといったようなジャンクフード多めの家庭がホームステイ先だったら確実に太ります。

ちなみに、ホストマザーの料理がおいしすぎて、つい食べすぎてしまい太るというのもあるあるです。

外食

語学学校は午前中で終わることもあり、その後は友達と外へランチに行くことも多々あります。

ただ、その際に行く店としてはジャンクフード店に偏ってしまいがちです。

英語が話せないうちは「No.3」などナンバーで注文できる店が安心できますし、あまりお金をかけたくない場合にも選択肢としては良心的な価格のジャンクフードしか残っていないからです。

もちろんサラダなどの野菜がとれるレストランもありますが、そもそも食事代が高いのと、チップも必要になってくるので留学生が頻繁に行くのは難しいです。

そうすると留学生が気軽に入れるのはジャンキーなチェーン店ばかりになってしまうので、外食も太ってしまう原因になりがちです。

コンビニでランチを済まそうと考えている人は少し注意しましょう。
日本ほどの品揃えとクオリティは期待NGです。

ストレスによる暴飲暴食

太る原因として「ストレス」の影響もあります。

他国で過ごすとなると日本との勝手の違いに、結構なストレスがかかります。

また、英語が思うように話せないうちは、何をするにもどこに行くにもストレスがのしかかってきます。

そのストレスを発散できる方法がある人はいいですが、ない人はどうしても食にぶつけてしまいがちです。

つい食べすぎてしまう暴飲暴食は留学生の間ではあるあるなので、気をつけなければいけません。

太らないための対策

海外留学で太らないようにする対策をご紹介します。

✔︎散歩やジムなどで運動する
✔︎食事の量を減らしてもらうよう頼む
✔︎自炊できる方法で留学する

散歩やジムなどで運動する

食べるものに制限をかけたくないという人は、留学中に適度な運動をしましょう。

せっかくの海外、現地の料理を味わいたい!
でも太りたくない!

このような思いを持っている人は、体系を維持するためには運動するしかありません。

手軽に取り組める散歩は、街並みを見れたりガイドブックには載っていないお店を発見できたりと、十分に楽しみながら運動できるのでかなりオススメです。

ただ、治安を考えて夜遅くの時間だけは避けましょう。

また、より効果的な運動がしたい、体を引き締めたいと思っている人はジムに行くのがいいです。

日本で会員になっておくと海外のどの店舗でも利用できるといったサービスを行っているジムもあるので、留学先で近くにジムがある人は検討してみるといいでしょう。

食事の量を減らしてもらうよう頼む

食事の量が多い場合は、ホストファミリーに食事の量を減らしてもらうよう頼むのも一つの手です。

ただ、この場合は誤解されないように少し注意が必要です。

理由をしっかりと伝えないと「食事がまずいから量を減らして欲しい」と捉えられてしまうことになるからです。

良心的に食べさせてくれようとしているのに、それに対して量を減らして欲しいとだけ言われたら誰もが疑問に思いますよね。

英語が苦手な人は難しいかもしれませんが、あまりに食事の量が多すぎるホームステイ先に当たった時は伝えられるようにしておくといいでしょう。

自炊できる方法で留学する

絶対に太りたくないという人は、そもそもホームステイではない方法で留学するのがいいかもしれません。

もちろん、ホームステイで自炊をするのも無理ではないです。

ただ、冷蔵庫は家族でシェアなので物をあまり入れられなかったり、使いたいときにキッチンを使えなかったりと自炊を続けるのは難しいです。

一方で、シェアハウスなど「自分で自炊ができる環境」のもとでの留学なら、食事も全て自分で決められるので太る心配もなくせます。

どんなホームステイ先になるのか不安だったり、どうしても太るのだけは避けたかったりする場合は、一度ホームステイ以外での留学方法を検討してみましょう。

さいごに

日本ほどヘルシーな食文化の国はないため、ホームステイ留学でどこの国に行っても太りやすいのは変わりません。

太らないために気をつけるべきは「食」ですが、現地の食生活も留学中に学べる文化の1つです。

体型を維持しながら食文化も楽しむのが、留学の形としては一番いいと思います。

適度な運動をはさみながら、帰国後に現地の味が恋しくなるくらい食も楽しんでおくのがベストです。

>オンライン英会話サービス「レアジョブ英会話」

オンライン英会話サービス「レアジョブ英会話」

「レアジョブ英会話」は、顧客満足度No.1!なんと99.4%が「始めてよかった」と回答。マンツーマンレッスンが142円(税込)から受講可能。今なら無料体験レッスン+初月半額キャンペーン実施中!一度無料でお試しレッスンをしてみてください!

CTR IMG