講師で比較!オンライン英会話を先生の特徴や質で比べた結果おすすめはここ!

オンライン英会話は安いし興味はあるけど、講師の質はどうなんだろう?

オンライン英会話を始めようとする人の中には、このような不安を抱く人もいると思います。

そこで今回は、各オンライン英会話スクールの講師の特徴から、講師の質を比較した際のおすすめスクールまでご紹介します。

講師の質はここをチェック!

オンライン英会話スクールを選ぶ際に大事な「講師のチェックポイント」を紹介します。

<チェックポイント>
✔︎自分の目的にあった講師か
✔︎TESOL資格を持っているか
✔︎教師の採用基準
✔︎講師の教育が充実しているか
✔︎講師の学歴

自分の目的にあった講師か

早く英語を上達させたいなら、自分の理想の英語を手に入れている講師から学ぶのが近道です。

ビジネス英語を身に付けたいのに、企業で働いた経験のない講師から学んでいても意味がありません。

なので、まずは自分がオンライン英会話スクールを通して、どんな英語を身に付けたいのか再確認しましょう。

✔︎英語で日常会話を話せるようになりたい
✔︎接客の仕事で海外の人に対応できるようになる
✔︎海外への転職が決まり、ビジネス英語が必要
どの程度の英語が必要になるのかによって、選ぶべき講師も変わります。
講師を見る際には、「自分が習得したい英語を本当に教えてくれるか」をチェックしておきましょう。

TESOL資格を持っているか

講師がTESOLを持っているかどうかもチェックした方がいいです。

TESOLとは?
Teaching English to Speakers of Other Languageの略で、「第二言語で英語を学ぶ人(日本人など)に英語を教えるスキルを持っている」ことを証明する国際資格です。
TESOLというのは世界的に信頼度のある資格です。
これを持っているだけで教育者として本気度がわかるので、質の高い講師を見極めるためには確認しておいた方がいいポイントです。

教師の採用基準

オンライン英会話スクールのホームページで、講師の採用基準をチェックしましょう。

採用基準が高ければ高いほど、優秀な人材に絞って講師を採用していることになります。

各スクールによって講師の採用条件は大きく異なります。

✔︎人柄重視
✔︎教員免許必須
✔︎ビジネス経験者

このような採用基準を知ることで、そのスクールの講師陣の特徴を把握することができます。

より厳しい採用基準を設けているスクールほど、講師の質はしっかりと担保されていると思って大丈夫です。

講師陣の質を確かめたいときは、スクールの講師採用基準に着目してみましょう。

講師の教育が充実しているか

講師の教育、つまり社内の研修体制が充実しているスクールは全体的に講師の質が高いです。

定期的な研修があることで、講師は最新の指導法を身に付け、且つ自身のスキルアップもできるようになります。

それが私たちのレッスンに還元されるので、社内研修があることでお互いメリットが生まれるのです。

また、講師全員の士気を上げるためにも、社内研修はあった方がいいです。

講師の教育が充実しているかは、必ずチェックしておきましょう。

講師の学歴

オンライン英会話スクールに、講師の学歴についての記載があれば確認しましょう。

学歴がすべてという訳ではありませんが、学歴がある人ほど、能力も比例して高い傾向にはあります。

学歴まで情報があるスクールは少ないですが、一度チェックしてみるといいと思います。

各スクールの講師の特徴を比較

オンライン英会話スクールの講師の特徴を比較します。

<比較するオンライン英会話スクール>
・ビズメイツ(Bizmates)
・ネイティブキャンプ
・レアジョブ英会話
・QQ English
・DMM英会話
・ECCオンラインレッスン
・hanaso
・イングリッシュベル

ビズメイツ(Bizmates)

✔︎全員ビジネス経験あり
✔︎高いティーチングスキル
✔︎MBAや博士号保持者が在籍

ビズメイツは、採用率「1%以下」とかなり厳選して講師を採用しています。

学歴、ティーチングスキル、コミュニケーションスキル、人間性、ビジネス経験を採用条件としているため、在籍している講師陣の質は間違いなくトップレベルです。

全員がビジネス英語の経験者という点からも、ビジネス英語を学びたい人のために、その道の質の高いプロ講師を揃えているのがわかります。

ネイティブキャンプ

✔︎ネイティブスピーカーが多い
✔︎日本人講師のレッスンあり
✔︎定期的に講師教育を実施
ネイティブキャンプの講師の最大の特徴は、ネイティブスピーカーが多いことです。

ネイティブキャンプには、世界100ヶ国以上の様々な国籍の講師が約12,000人在籍しています。

講師の数が多いだけあって、アメリカ、カナダ、イギリスなどのネイティブスピーカーの数はオンライン英会話でトップクラスです。

また、10年以上の講師経験があるネイティブインストラクターが、定期的に講師の教育を行なっているので、講師のスキルも高水準で維持されています。

レアジョブ英会話

✔︎講師の学歴が高い
✔︎親しみやすい人間性
✔︎TESOL修了者が在籍

フィリピンの東大と呼ばれる「フィリピン大学」出身の優秀な講師を中心に構成されています。

採用率わずか1%という厳しい審査を設けており、講師の採用には「英語スキル・人間性」を重視しています。

TESOL修了者が在籍しており、講師へのトレーニングも行なっているので、日本人への英語のティーチングスキルは非常に高いです。

また、採用で人間性を大事にしているので、緊張がほぐれるような「あたたかい雰囲気」を持った講師が多いのが特徴的です。

QQ English

✔︎講師全員が正社員
✔︎TESOLの取得が義務
✔︎講師同士で教えあう環境
QQ Englishは、講師全員が英語教授法の国際資格である「TESOL」の取得を条件に正社員雇用されています。
全員が正社員なのでアルバイト感覚の人はおらず、教育に対する高いプロ意識を持った講師が揃っています。
また、英語を母国語としない人に英語を教える能力があることを証明する「TESOL」資格の取得を全員が義務付けられています。
なので、QQ Englishの講師は「英語を日本人に教えるスキル」が非常に高いのが特徴的です。
また、講師同士で教えあってアドバイスをもらう機会も設けており、常にお互い切磋琢磨しあえる環境が整っています。

DMM英会話

✔︎多国籍の講師が在籍
✔︎講師の採用は全て日本人
✔︎日本人講師も選択可能
DMM英会話は、世界132カ国以上から集まった多国籍の講師が在籍しています。
ネイティブスピーカーからノンネイティブまで色んな講師からレッスンを受けることができます。
講師を採用する際には、その国に日本人スタッフを派遣して、必ず日本人が面接するように徹底しているので、講師の質の高さは折り紙つきです。
プランによっては日本人講師からのレッスンも受講できます。

ECCオンラインレッスン

✔︎教育に熱意を持っている
✔︎採用後の100時間の研修
✔︎定期的なトレーニング

ECCでは採用の際に、「教授センスがある」「語学力が高い」「にこやかで我慢強い」の3つの条件をクリアする人だけを厳選しています。

講師は全員が教育に対する熱意を持っているので、わかりやすく教えることに長けているのが特徴的です。

また、採用後は100時間の研修で教育者としての基礎を身に付け、その後も定期的にトレーニングを実施することで、講師スキルのブラッシュアップを行なっています。

ビジネス英語というよりは、日常会話などの初心者向けの英語に強みを持った講師が多いです。

hanaso

✔︎講師は全員フィリピン人
✔︎フィリピンの有名大学卒業生が中心
✔︎明るく元気

hanasoの講師は全員がフィリピン人です。

採用はフィリピンの有名大学卒業生を中心に行っています。

講師の数は他のスクールと比較するとそこまで多くないので、本当に講師として優秀な人しか取らないという姿勢から、質を重視しているのがわかります。

また、講師の人柄、雰囲気としては「明るく元気な人」が多いです。

イングリッシュベル

✔︎英語を教える能力が高い
✔︎親しみやすい
✔︎教育が徹底されている

イングリッシュベルは、講師採用の第一条件を”英語教師経験者” と”親しみやすい人柄”としています。

つまり、「自身の英語スキル」と「教える能力」をすでに兼ね揃えた人の中から、さらに人柄重視で厳選していることになります。

また、国際品質規格「ISO9001」を取得できるくらいに教育が徹底されていることからも、講師全員のスキルが非常に高水準で保たれていることがわかります。

採用条件にもあるように”親しみやすい人柄”の講師が多いです。

【比較】講師の質を重視するならこの3社

最後に、講師の質を重視したい人にオススメの3社を紹介します。

QQ English

QQ English講師の質が高いと考えられる理由は、「全員が正社員」「TESOLの取得が義務」という点にあります。

やはり、アルバイトで空いた時間にレッスンを行うのと、正社員入社して仕事としてレッスンを行うのでは、レッスンに対する姿勢が大きく変わってくると思います。

また、TESOLの取得が義務づけられているので、講師は全員が「英語を教えるプロ」ということになります。

数あるオンライン英会話スクールの中で、一番講師の質が高いのはQQ Englishと言って過言はないでしょう。

\無料体験レッスンもできます!/

※無料で2回レッスンが受けられます

ビズメイツ(Bizmates)

ビズメイツは「ビジネス経験者のみ採用」「MBAや博士号保持者が在籍」という点から、講師の質はトップクラスであると言えます。

まず、ビジネス英語ができないと講師に応募すらできないことから、在籍している講師の英語スキルはかなり高いとわかります。

また、MBAや博士号保持者が中心となって講師の教育を行うので、ビジネス領域に特化したさらに高レベルの英語スキルを講師全員が身につけています。

日常英話、ビジネス英話、職種専門の英語を習得しているビズメイツの講師の質は、間違いなくトップレベルです。

\無料体験レッスンもできます!/

※無料で25分レッスンが受けられます

レアジョブ英会話

レアジョブはフィリピンで一番偏差値の高いフィリピン大学出身者が講師の中心になっています。

地頭の良い、かなり頭のキレる講師陣が揃っていることになります。

フィリピン大学を卒業して企業で働いていた人が多いことから、人間性はもちろん、ビジネス英語に関してもより実践的な英語が学べます。

また、採用率わずか1%という厳しい審査を設けていることからも、在籍している講師の質は非常に高水準であると言えます。

\無料体験レッスンもできます!/

※無料で2回レッスンが受けられます

>オンライン英会話サービス「レアジョブ英会話」

オンライン英会話サービス「レアジョブ英会話」

「レアジョブ英会話」は、顧客満足度No.1!なんと99.4%が「始めてよかった」と回答。マンツーマンレッスンが142円(税込)から受講可能。今なら無料体験レッスン+初月半額キャンペーン実施中!一度無料でお試しレッスンをしてみてください!

CTR IMG