オンライン英会話の予習復習の仕方|知らなきゃ損するコツも紹介!

✔︎オンライン英会話の予習の仕方
✔︎オンライン英会話の復習の仕方
✔︎効果的なレッスンの受け方

今回は、オンライン英会話で学習効果を最大に引き出すために知っておきたい「予習・復習」の仕方をお伝えします。

予習・復習をしなかったり、適当に行っていては英会話力はなかなか伸びません。

そのため早く英会話力を伸ばすためには、予習と復習の精度を上げる必要があります。

また、英会話力の飛躍のために予習・復習とは別にレッスン中にも行ったほうが良いポイントも一緒にご紹介します。

思うように英会話力が伸びないという悩みを持っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

オンライン英会話の効果的な予習の仕方

オンライン英会話の効果を飛躍させる予習方法を3つ紹介します。

<効果的な予習の仕方>
1. 教材に目を通しておく
2. わからない箇所をチェックしておく
3. 何を話すか決めておく

1. 教材に目を通しておく

その日のレッスンの教材には目を通しておきましょう。

まずは本文を上から下まで一文ずつ黙読してください。

ここでは、意味がわからない単語があっても、最後まで止まらずに読みましょう。

全体的に、ざっくりとした内容を把握できていれば構いません。

時間に余裕のある人はこれに加えて、声に出して音読をしてみましょう。

2. わからない箇所をチェックしておく

教材に目を通す中でわからない箇所が出てきたら、忘れずにチェックしておきましょう。

そうすることで、レッスン中にスムーズに質問ができるので、質問を考える無駄な時間を省略できます。

また、分からない箇所を事前に自分で調べて理解するのもいいですが、それで終わらせるのではなく講師に質問してより理解を深めることをおすすめします。

講師に直接聞くことで、自分で調べた内容とは違った使い方や言い回しを新たに知ることができます。

また、講師に聞いたという「体験」そのものが、分からなかった箇所を私たちの頭に印象強く記憶させるので、自分だけで解決して終わるよりも記憶定着に効果的です。

分からないことがあれば、遠慮なく講師に質問して聞くようにしましょう。

3. 何を話すか決めておく

オンライン英会話は1回のレッスン時間が短く、スムーズに話せた方が濃い内容のレッスンを受講できます。

なので、あらかじめレッスンパートに目を通して理解したら、ノートでもいいので「今回のレッスンで話したいこと」をリストアップしておきましょう。

こうすることで、レッスンではスムーズにアウトプットできると共に、「言いたいのに英語が出てこなくて言えない」というもどかしさを味わう事も少なくなります。

教材を必要としないフリートークを受講する人も、使ってみたいフレーズや単語だけでも、あらかじめ決めておいた方が充実したレッスン時間を過ごせます。

オンライン英会話はアウトプットの場なので、話す内容は事前の予習の段階で決めておきましょう。

オンライン英会話の効果的なレッスン受講方法

オンライン英会話の効果を飛躍させるレッスン受講方法を3つ紹介します。

<効果的なレッスン受講方法>
1. アウトプットを多めにする
2. 口を大きく動かし、体全体を使って話す
3. 録音しておく

1. アウトプットを多めにする

オンライン英会話は、一方的な授業というよりは「コミュニケーションの場」です。

そしてコミュニケーションはお互いにアウトプットして会話をすることで成立します。

「レッスン中は講師の言うことを聞くのに集中する」という人がいますが、それは非常にもったいないです。

オンライン英会話は、日本に居ながらもリアルタイムに目の前の講師と英語を話し合う機会を提供してくれています。

英語を聞くだけなら海外ドラマを見たりするなど、他の方法でも代用できます。

オンライン英会話を利用するからには、「スピーキングを通して相手とコミュニケーションを取ること」を意識して積極的にアウトプットするようにしましょう。

アウトプットを多めにすることが、スピーキング力を伸ばす唯一の方法ですので、英会話力を伸ばしたい人は時間が許す限りとにかく話しましょう。

2. 口を大きく動かす

英語を話すときは、まず口を大きく動かしましょう。

画面越しで会話をする際には、リアルで会って話すときと比べて聞き取ることが少し難しいのが現状です。

ですが、口の動きが分かれば言いたいことはある程度想像して理解することができます。

また、口を大きく動かして表情筋を使うことで相手に対しても良い印象を与えられるので、少し大袈裟なくらい口は動かしましょう。

好印象の人にはレッスン混雑時に優先して時間を確保してくれるなど、講師と親密になることで良いこともあります。

3. 録音しておく

レッスンは録音しておきましょう。

後で聞き返すことで、自分の発音や文法の間違いに気づいたり、講師の英語と自分の英語を比較することができます。

毎回録音しておくことで、「前は言えなかったことがスラスラ言えている!」と自分の成長も日々感じることができるようになります。

後述する「復習」にも効果的な方法なので、よほど嫌でない限りは録音をしておくようにしましょう。

オンライン英会話の効果的な復習の仕方

オンライン英会話の効果を飛躍させる復習方法を4つ紹介します。

<効果的な復習の仕方>
1. 覚えた単語や表現を書き写しておく
2. うまく言えなかった文章を改めて考え発話する
3. レッスンの感想を独り言のように口にする
4. 録音を聞き返してみる

覚えた単語や表現を書き写しておく

レッスン中に新たに覚えた単語や表現は、忘れないようにノートなどに書き写しておきましょう。

そのとき、よく一緒に使う単語や、表現もメモしておいてまとめて覚えるようにします。

普段の自分の生活で使えそうな例文にして覚えてしまうと、記憶にも残りやすいのでオススメです。

この一回だけで完璧に覚えるのは難しいので、後で見返したり何度も口に出したりして身につけていきましょう。

うまく言えなかった文章を改めて考え発話する

レッスン中に「講師に対して言おうとしたけれど言えなかった」という「できなかったこと」を改めて考えましょう。

言えなかった原因の単語あるいは文法表現は、何度も何度も口頭で言えるようになるまで繰り返し練習します。

本番のレッスンでできなかったという悔しさが糧になって、レッスン後は比較的覚えやすい状態になっているので、ここの振り返りは大きく成長できるポイントです。

分からないまま放置することなく、発話練習して覚え込むところまでしっかりと行いましょう。

レッスンの感想を独り言のように口にする

レッスンの感想を独り言のように口にしてみましょう。

やることは、レッスン開始から終了までの流れ、思ったことなどを自分の言葉で口にするだけです。

長文で無くてもいいので、思いつく限り呟いてみましょう。

ポイントは「自分の言葉で話す」ことです。

ここが唯一自分で考えて英語を話す箇所になるので、何も見ずに独り言のようにレッスンの感想を話しましょう。

声を出せない環境にいる人は、発声の代わりにノートなどに書き出してみましょう。

録音を聞き返してみる

レッスンの録音を聞き返してみましょう。

自分の英会話を客観的に聞くことで、普段は気づかない改善点が明確になります。

一言ひとこと注意深く聞くというよりは、聞き流して自分の発音で気になったところ、詰まったところなどをメモしておきましょう。

聞き流しながら違和感を感じる箇所は、確実に相手も聞きにくいと感じているので、必ず正しい発音を真似て練習しておきましょう。

また、講師の発音で聞き取れなかったところを、何回も繰り返し聞いて理解することに使うのも有効的です。

まとめ

英会話力を伸ばすために必要な「予習・復習・レッスン中のポイント」についてご紹介しました。

「こんなの全てはできない!」という人は、まず自分ができるところから取り組んでみましょう。

その後、徐々に余裕が出てきたら1個づつ追加していけば大丈夫です。

毎レッスン、あまり意味がわからず、

「先生の後に続いて読んでいるだけ…」
「授業の内容をあまり覚えていない…」

そのような状況を続けるのか、打破するのかはあなた次第です。

オンライン英会話をやるからには、英会話力を高いレベルで身につけられるようにしていきましょう。

関連記事

✔︎オンライン英会話でノートを作る目的✔︎レッスン受講中のノートの取り方✔︎レッスン受講後のノートの取り方「オンライン英会話でノートはどう取ればいいの?」このようにノートの取り方[…]

関連記事

✔︎オンライン英会話レッスンを録音するメリット✔︎録音の効果的な活用法オンライン英会話レッスンを楽しく復習したいという方におすすめの方法が「レッスンの録音」です。発話に集中していると、レッスンが終[…]

>オンライン英会話サービス「レアジョブ英会話」

オンライン英会話サービス「レアジョブ英会話」

「レアジョブ英会話」は、顧客満足度No.1!なんと99.4%が「始めてよかった」と回答。マンツーマンレッスンが142円(税込)から受講可能。今なら無料体験レッスン+初月半額キャンペーン実施中!一度無料でお試しレッスンをしてみてください!

CTR IMG