大学の英語の授業についていけない大学生がやるべき1つのこと!

✔︎大学の英語の授業についていけない理由
✔︎スピーキングの練習で英語が飛躍的に伸びる

この記事を読んでいる人は、大学の英語の授業についていけない悩みを持っていると思います。

そのせいで授業が嫌になったり、英語に拒絶反応が出てしまっている人もいるでしょう。

しかし、諦めないでください。英語の授業についていけるようになるのは意外と簡単です。

シンプルに「スピーキング」の練習のみ行えばいいのです。

今回はそんな英語に劣等感を持っている大学生に向けて、「なぜスピーキングの練習で英語の授業についていけるようになるのか」を説明していきます。

なぜ英語の授業についていけない?

英語の授業についていけなくなる理由は次の通りです。

✔︎英語が聞き取れないから
✔︎英語が話せないから

英語が聞き取れないから

英語の授業についていけなくなる1つの理由は「英語が聞き取れないから」です。

まず英語が聞き取れなければ、英語のみを使用する授業では完全に置いていかれてしまいます。

リスニングに苦手意識を持っている人のほとんどが、英語が聞き取れず授業についていけないという状況になりがちです。

大前提として講師の英語が聞き取れないと、授業で何を発言したらいいのかも分からないですよね。

今の自分は講師の話す英語をすべて理解できているのか、振り返ってみましょう。

英語が話せないから

英語の授業についていけなくなるもう1つの理由は「英語が話せないから」です。

ある程度英語は聞き取れるけど、発言しようとしても英語が出てこず授業に参加できないというパターンです。

“リスニングはできるけど、スピーキングができない”
大学生はこういった人が非常に多い印象です。

そもそも大学の共通入試にはスピーキングのテストがないので、英語が話せないのは当然かもしれません。

また、小中高と今までの教育の中で英語のスピーキングの授業は全然なかったはずなので、大学生になっていきなり英語で話せと言われても無理があります。

英語が聞き取れない、または話せないという人は、次の章の解決策を実践してみてください。

大学生がやるべきことはスピーキングのみ

英語の授業についていけない大学生がやるべきことは「スピーキング」です。

スピーキングを行えば、英語を話すことができるようになるのは当然のこと、英語を聞き取ることもできるようになります。

その理由を含め、これからスピーキング力を鍛える具体的な方法を3つ紹介していきます。

1. 独り言
2. オンライン英会話スクール
3. シャドーイング

1. 独り言

まず、一番手っ取り早く取りかかれることは、「独り言」です。

自分の生活で目に見えるもの、頭で考えたことを独り言のように英語で言うだけです。

外に出て今日は暑いと感じた
It’s hot today.”
あまり眠れなかった、寝不足だ
“I’m not getting enough sleep.”
最初はどれだけ簡単な英語でもいいです。
「これなんて表現するんだ?」と疑問に思った時は必ずネットなどで調べるようにしましょう。
これを繰り返していくだけで自分の使える英語表現が確実に蓄積されていきます。
また、この独り言で最も大事なのは以下の点です。
英語を頭の中で考えて終わらすのでなく、実際に声に出す
とにかく英語を声に出して言ってください。
声に出すことで自分が「正しい発音」ができるのかわかります。
頭では単語のスペルが思い浮かんでも、声に出そうとすると発音が分からないということもよくあるので、必ず発声するようにしましょう。
また、正しい発音がわからない時は発音記号を調べるのではなく、「YouGlish」でネイティブの発音を真似することをおすすめします。
YouGlishとは?
YouTubeに投稿された膨大な数の動画から検索したい単語が使われている場面のみを抜き出してくれる無料ツール
YouGlishで単語を検索すれば実際にネイティブが使う発音が学べます。
<YouGlish公式サイト>
https://youglish.com/
正しい発音を覚え、それを自分が声に出して使えば、その単語は確実に聞き取れるようになります。
“自分が使いこなす単語は聞き取れるようになる”
これがスピーキングの練習をするだけでリスニングも上達する理由です。
ちなみに、英語が話せるようになるコツは、「どれだけ自分で使ったことのある単語、表現を増やせるか」にかかっています。
今まで使ったことのない単語をいきなり本番で使えるはずがありません。
なので英語を早く上達させたい人は、とにかく日頃から英語を口にする回数を増やすことを意識しましょう。

2. オンライン英会話スクール

英語の授業についていきたい人に最もおすすめなのが、この「オンライン英会話スクール」です。

オンライン英会話スクールは、スマホやパソコンを通して英会話のレッスンを行えるサービスのことです。

通常に英会話スクールに比べて、次のようなメリットがあります。

✔︎自宅でレッスンを受けられる
✔︎価格が安い
✔︎毎日レッスンを受けられる

もっと詳しくオンライン英会話スクールについて知りたい人は以下の記事をご覧ください。

関連記事

近年、英会話の学習方法の中でも特に人気を集めているのが「オンライン英会話」です。ここでは、これからオンライン英会話を始めようと考えている方々に向けて、オンライン英会話のメリットについて詳しくご紹介します。オンライン英会話は低[…]

オンライン英会話を最もおすすめする理由は「一番最短で英語を話せるようになる」からです。

独学で英語を習得するのは無理ではないですが、それなりの時間がかかります。

しかし、このオンライン英会話スクールを使えば、目的達成に向けて英語講師から手取り足取り教えてもらうことができます。

やはり一人で学習するよりは、プロに教えてもらう方が正しい英語を早く身につけられます。

もちろんレッスン中は常に講師と英語で話すことになるので、「話す、聞く」の両方のスキルをフルに磨くことができます。

月額料金も良心的で、毎日レッスンを受けられるスクールもあるので、今から最短で英語を身につけるならオンライン英会話スクール一択です。

現在無料体験レッスンを行えるスクールも多くあるので、一度無料で試してみることをおすすめします。

初心者におすすめの各オンライン英会話スクールの特徴は以下の記事にまとめているので、チェックしてみてください。

関連記事

オンライン英会話を始めようと情報収集を始めると、似たようなサービスがたくさんあり、どのサービスを使えばよいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。オンライン英会話の初心者が「自分に合う」オンライン英会話サービスを見つけるの[…]

3. シャドーイング

シャドーイングは、英語を聞きながらそれを真似して発音するトレーニングです。

<リピートとの違い>
英文を聞き終えてから繰り返す「リピート」とは違い、シャドーイングは聞いた英文のすぐ後ろを影のように追いかけながら発声します。

「聞く」「発音する」をほぼ同時に行うので、少し難易度の高い学習法となります。

単語の意味、文法の使い方がわからなければ、シャドーイングを行っても効果がありません。
まずは、独り言やオンライン英会話から始めて、スキルアップとしてシャドーイングを行うことをおすすめします。

シャドーイングのやり方としては、最初にYoutubeやネットフリックスなどで、真似したい英語動画を見つけます。

動画の英語字幕を見ながら話された英文を同時に追いかけて復唱します。

この時の注意点としては、いきなり最後まで通しで行わずに、1文ずつそっくりそのまま発音できるようにしていくことです。

最初から最後まで通してシャドーイングを行うのは、全ての文の意味を理解して発音できるようになってからにしましょう。

繰り返し真似することで、次のようなスキルを自然に身につけることができます。

✔︎英語独特のイントネーション
✔︎英語独特のリズム
✔︎英文の区切り方

また、スピーチ動画を真似する際は、あたかも自分がスピーチしているかのようにシャドーイングできるようになると、「相手に伝わる英語の話し方」が身につき、スピーキング力の向上に繋がります。

ポイントをしっかりおさえて繰り返し練習することで、確実に英語スキルは上達していくので、ある程度英語に慣れてきたらシャドーイングにも挑戦してみてください。

まとめ

英語の授業についていけない悩みは意外と多くの人が抱えています。

ただ、今回紹介したようにスピーキングの練習をするだけで英語は飛躍的に伸ばせます。

特に短期間で英語を話せるようになりたい人には「オンライン英会話スクール」がおすすめです。

1ヶ月で効果を実感したいなら、まずはオンライン英会話スクールを始めてみてください。

今すぐに行動を起こして、より早く現状の授業についていけない辛い状況を打破しましょう。

>オンライン英会話サービス「レアジョブ英会話」

オンライン英会話サービス「レアジョブ英会話」

「レアジョブ英会話」は、顧客満足度No.1!なんと99.4%が「始めてよかった」と回答。マンツーマンレッスンが142円(税込)から受講可能。今なら無料体験レッスン+初月半額キャンペーン実施中!一度無料でお試しレッスンをしてみてください!

CTR IMG